電子コミックのデメリットについて

電子コミックのメリットは「スマホやタブレット1台に何万冊という本が見れるので、家に本のスペースをとらない」ことや「ネット環境さえ整っており、スマホやタブレットがあれば、いつでもどこでも読むことができる」などがあげられますが、多くの電子コミックのサイトではメリットしか書かれていないことが多く、電子コミックのデメリットを知らない人が多くいます。電子コミックのデメリットをあげるとするとまず出てくるのが「臨場感が伝わりにくい」ことです。スマホやタブレットで縦で読んでいると、見開き部分が分割されて表示されているため、左右に跨がるページは臨場感が半減してしまいます。それでは、「スマホやタブレットを横向きにすればいいのではないか」と思われますが、確かに左右のページは1つの画面になるのですが、スマホになると文字が小さくなってしまい、読みづらくなります。分からない部分をいちいち指でズームしなければならず、面倒だし、面白さが半減してしまいます。他にも「家族や友人との貸し借りができない」ことなど電子コミックにはデメリットがあることを知っておきましょう。PRサイト:ブッコミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする